電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ひやま漁協スルメイカ 低調の昨年比3.3倍まで回復

新聞記事

ひやま漁協スルメイカ 低調の昨年比3.3倍まで回復

2018年08月13日

発泡詰めしたスルメイカの荷揚げ。漁は下火となった(10日、乙部漁港)

 解禁から2カ月半が経過した北海道沿岸のスルメイカ釣り漁。日本海側の主産地、ひやま漁協は7月末現在の累計で、数量・金額ともに低調だった昨年に比べ3.3倍の698トン、3億7069万円となった。キロ平均単価は2%高の531円。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る