電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > えりも・菱栄協栄水産の定置船 第六十一明神丸竣工

新聞記事

えりも・菱栄協栄水産の定置船 第六十一明神丸竣工

2018年07月30日

今季の秋サケ漁から活躍する第六十一明神丸

 えりも漁協所属・有限会社菱栄協栄水産(佐藤勝代表)の新造定置船「第六十一明神丸」(アルミ船、18トン)が竣工した。安定航行と網起こしなどの作業性を重視し、船体を低く長さを取った設計。海水殺菌装置(㈱東和電機製作所製)の搭載など鮮度・衛生管理の設備も強化した。今秋の秋サケ漁から本格稼働し、ブランドサケ「銀聖」をはじめ日高管内の基幹魚種・秋サケの安定生産に機能発揮が期待されている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る