電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 枝幸のオホーツク活魚 鮮度テーマに定置魚種PR

新聞記事

枝幸のオホーツク活魚 鮮度テーマに定置魚種PR

2018年07月30日

活じめクロガレイ、「パーシャル窒素氷」保冷のホッケやカラフトマスなどが並んだ鮮魚売り場。いきの良さをアピール

 枝幸町のオホーツク活魚(藤本信治社長)は7月中旬、札幌市の丸井今井札幌本店地下1階の鮮魚売り場に、親会社の藤本漁業部(猿払村漁協所属)が定置船「北隆丸」で漁獲した水産物を出荷した。定置船で獲れる魚種の豊富さや新鮮な魚のおいしさを伝えるのが狙い。鮮魚に加え、活魚も藤本社長自らが活魚車で運搬し、店舗に直送。売り場の鮮度感を演出、魚食拡大に一役買った。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る