電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城種ガキ 渡波、鳴瀬で好付着

新聞記事

宮城種ガキ 渡波、鳴瀬で好付着

2018年07月30日

渡波地区でのホタテ原盤の積み込み(25日)

 宮城県のカキ採苗は25日までに、全国に種ガキを出荷する石巻湾の渡波地区(石巻市)と松島湾の鳴瀬地区(東松島市)で原盤の投入が終わり、良好な付着が確認された。両地区では自家養殖用も含め十分に確保できる見通しで、いまのところ厚種主体となっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る