電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 陸奥湾春季実態調査 高い異常貝率 過去3番目

新聞記事

陸奥湾春季実態調査 高い異常貝率 過去3番目

2018年07月16日

今年5月の半成貝出荷作業

 青森県はこのほど、陸奥湾養殖ホタテの本年度春季実態調査結果を公表した。2017年産のへい死率は平年値をやや下回ったが、異常貝率は調査を始めた1985年(昭和60年)以降3番目に高い数値となった。県は夏季の高水温に加え潮流にも注意した養殖施設の安定化や収容枚数の適正化を促している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る