電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手産コンブ初入札 在庫なく価格上昇

新聞記事

岩手産コンブ初入札 在庫なく価格上昇

2018年07月16日

素干しコンブの品質を見る買受人(10日、県漁連北部支所)

 岩手県産養殖素干しコンブの初入札が10日、宮古市の県漁連北部支所で開催された。上場は重茂、田老町の両漁協で5421箱(1箱10キロ)。黒長切の1万4000円台など昨年初回を5~15%ほど上回る落札がほとんど。在庫払底が伝わる中、初回としては品質が良かったほか、先行する函館入札の高値も影響したとみられる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る