電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 公海サンマ有効活用へ 全国取引懇で方向探る

新聞記事

公海サンマ有効活用へ 全国取引懇で方向探る

2018年07月09日

 一般社団法人北海道水産物荷主協会(会長・根田俊昭株式会社マルキチ社長)主催の「全国サンマ・イカ等鮮魚大手荷受・荷主取引懇談会」が4日、釧路市のANAクラウンプラザホテルで開かれた。全さんまが来年5月から本格操業に乗り出すことを決めた公海サンマの活用策や、道東沖で好漁のマイワシの安定消流策などを協議した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る