電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 白糠漁協 荷捌き・冷凍冷蔵施設完成

新聞記事

白糠漁協 荷捌き・冷凍冷蔵施設完成

2018年06月11日

高度衛生管理型へと進化した荷捌施設

 白糠漁協(柳谷法司組合長)が白糠漁港に建設を進めていた荷捌施設・冷凍冷蔵施設がこのほど竣工した。サニタリー設備や抗菌性の高い床材、電動フォークリフトの導入など高度衛生管理型へと進化。各市場へ鮮魚を送る際に一時保管するチルド室も完備、安全安心な白糠産水産物の供給態勢が整った。併せて道内漁港施設では初となる太陽光発電システムの整備などで、二酸化炭素排出を約70%削減。照明は全てLED灯を設置、省エネ化を図る。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る