電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > ホタテ水揚げストップ 三陸で貝毒猛威(下)

新聞記事

ホタテ水揚げストップ 三陸で貝毒猛威(下)

2018年06月04日

 三陸沿岸でまひ性貝毒が猛威を振るい、宮城県ではホタテへの影響が深刻だ。5月30日現在、生産海域全てで出荷自主規制が続き、生玉加工向けも含め全く水揚げできない。規制はかつてないほど広域、長期化。貝毒原因プランクトンが各海域に流入した可能性が挙げられる。成長により需要の高いサイズを超えたり、水温が高まる夏場の死滅が心配される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る