電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 三陸でホタテ、ホヤ貝毒猛威

新聞記事

三陸でホタテ、ホヤ貝毒猛威

2018年05月28日

 三陸でまひ性貝毒が猛威を振るい、水揚げに深刻な影響を及ぼしている。出荷自主規制の広域化、長期化により、ホタテは宮城県でストップ、岩手県でも激減。岩手では盛漁期のホヤも主産地で水揚げできず、減産や養殖サイクルの狂いが心配される。生産者は収入が、加工業者は扱いが大きく減り、「いつまで続くのか」と不安だ。岩手、宮城の現状を県ごとに2週に分けリポートする。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る