電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 落石漁協新造船 「今季はこれで」張り切る3隻

新聞記事

落石漁協新造船 「今季はこれで」張り切る3隻

2018年05月21日

 間もなく始まるコンブ漁期を前に、落石漁協長節地区の着業者3人が船外機船を新造。16日、昆布盛漁港で関係者らにお披露目した。貝殻さお前や春クキナガコンブ(バフラ)で始動する。
 第三十一琉豊丸(佐藤正司船主)、第十八福吉丸(小林明彦船主)、第三十五重宝丸(木村真実船主)の3隻で、いずれもFRP製。前船の老朽化に伴い新造した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る