電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 丸二永光水産マルニ札幌清田食品の海外戦略

新聞記事

丸二永光水産マルニ札幌清田食品の海外戦略

2018年04月23日

すし種・刺身商材製造の核設備の3Dフリーザー

 北海道産の生食商材を中心に手掛ける札幌市の㈱丸二永光水産マルニ札幌清田食品(佐久間利紀社長、電話011・886・6363)は、海外市場への販売を拡大している。米国の日本料理店など外食向けのすし種・刺身商材の供給が皮切り。昨年末から新たにタイの複合企業が展開するスーパー向けにミズダコ生冷品の製造に乗り出している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る