電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 昨年度の三陸ホタテ 宮城量42、金額35%減

新聞記事

昨年度の三陸ホタテ 宮城量42、金額35%減

2018年04月23日

半減近い水揚げとなった宮城のホタテ

 三陸のホタテは昨年度、宮城、岩手両県とも水揚量が大幅に減り、価格が高騰したにもかかわらず水揚額は下がった。特に宮城が深刻。量で42%、額で35%減った。両県の減産の大きな要因は種苗として移入した半成貝、当年貝の死滅だ。高騰、金額ダウンで生産者と買受人の大半は採算が厳しく、種の対策が急務となっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る