電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 大間・奥戸漁協 殻付ウニ4000円超も

新聞記事

大間・奥戸漁協 殻付ウニ4000円超も

2018年04月09日

大間漁協の下手浜漁港荷捌所に出荷されたウニ

 青森県の津軽海峡でウニ漁が活発化してきた。大間町の大間、奥戸両漁協はかご漁獲で殻付出荷し、合わせて4~5トンに上る日もある。だが例年同様、激しい身入りの差が価格を大きく左右し、水温が上がるこれから身入り上昇に期待がかかる。これまで、大間の新根海域漁獲の価格が破格、高値はキロ4000円を超え昨季の2倍以上だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る