電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県の試験研究成果 マダラ雌雄を判別

新聞記事

岩手県の試験研究成果 マダラ雌雄を判別

2018年03月12日

雌雄判別が可能となったマダラ

 成熟期のマダラの雌雄が判別できるようになった。岩手県水産試験研究成果等報告会が5日に釜石市の県水産技術センターであり、同センター利用加工部の藤嶋敦主査専門研究員が発表した。電気インピーダンス法による魚用体脂肪計で開腹せずに性別を見極める。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る