電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > ベトナム産白身魚バサ、輸入急増

新聞記事

ベトナム産白身魚バサ、輸入急増

2018年02月26日

 バサまたはパンガシウスという名前で首都圏などのスーパーに並ぶ白身魚。ナマズの一種で、東南アジアが原産の淡水魚。日本にはベトナムから養殖物の輸入が年々増加を続けている。出回り始めた頃は見慣れない品種名に購入をためらう消費者も多かったが、スケソなど国産白身魚をはじめ水産物全般の価格が高騰する中、安定した供給量と手頃な価格、汎用性の高さからスーパー、総菜店や飲食店などの取り扱いが拡大。水産素材の地位に定着しつつある。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る