電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ひだか漁協 春立荷捌施設が竣工

新聞記事

ひだか漁協 春立荷捌施設が竣工

2018年02月12日

屋根付き岸壁と一体型の荷捌施設。餌料保管用のプレハブ冷凍庫(19平方メートル)も併設(左端)

 ひだか漁協(石井善広組合長)が春立漁港に建設を進めてきた「春立荷捌所」が完成、1月31日に供用を開始した。屋根付き岸壁と一体型で機能性や衛生面を向上。シャーベット海水氷の製氷機や活魚水槽も新たに備え、船上活じめでブランド化に取り組むブリなどの鮮度保持やマツカワなど活魚の蓄養能力を強化、販売拡大に取り組んでいく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る