電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > チルド品の劣化原因低温細菌

新聞記事

チルド品の劣化原因低温細菌

2018年01月01日

 「簡便でおいしく」などの消費嗜好を受け、チルド食品のほか、加熱殺菌温度を緩和し、チルド温度帯(5度~マイナス5度前後の非凍結)の流通で日持ちを確保するレトルト様食品が増えている。冷凍食品に比べ低コストで風味が良好に保たれるのが利点。ただ、冷蔵中に増殖する低温細菌の危害が存在。賞味期限の設定に当たって、専門家は「低温細菌の測定、制御が重要」と示す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る