電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 環境変動の対応急務/来季回復、26年級が焦点

新聞記事

環境変動の対応急務/来季回復、26年級が焦点

2018年01月01日

 10億尾の稚魚放流体制となった昭和57年以降で最低の来遊数に落ち込んだ昨年の北海道の秋サケ。4年魚(平成25年級)、5年魚(24年級)とも降海時の低水温が稚魚の生残に影響した可能性があり、来遊不振となった。一方、3年魚(26年級)は直近15カ年平均を上回り、来年の4年魚の回帰に期待がかかるが、近年海洋環境は大きく変動。秋サケ業界は引き続き、種卵確保対策、放流技術の改善などに取り組んでいく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る