電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > サバ自動選別装置/青森県食品総合研究所

新聞記事

サバ自動選別装置/青森県食品総合研究所

2017年12月11日

サバの自動選別装置

 青森県産業技術センター食品総合研究所(八戸市)がサバの自動選別技術を開発、実用化した。毎分100尾をマサバ、ゴマサバの種類別と素脂肪分で分ける。「八戸前沖さば」のブランド力向上が狙いだ。選別装置は同市の加工企業で3月まで実証試験。その後、民間での導入が期待される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る