電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 来遊数1700万尾前後 さけます・内水試が解析

新聞記事

来遊数1700万尾前後 さけます・内水試が解析

2017年11月20日

 歴史的不漁で終盤を迎えた北海道の秋サケ。道総研さけます・内水面水産試験場は14日に開かれた道連合海区で、中期までの来遊実績と後期の来遊傾向から、最終の総来遊数が1700万尾前後にとどまる見通しを示した。主群の5年魚(平成24年級)、4年魚(25年級)とも来遊不振となり、特に根室、えりも以東の両海区が顕著。総来遊数の2000万尾割れは1544万尾だった昭和55年以来37年ぶり。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る