電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > パッケージ新時代 品質保持にガス置換

新聞記事

パッケージ新時代 品質保持にガス置換

2017年11月13日

国分の新シリーズ「幸せ食感 焼丸」。充てん窒素が品質を保持する

 密封されたパッケージ内のガス成分比率をコントロールすることで品質保持やロングライフ化を図る「ガス置換包装」の存在感がいっそう増している。欧米で特に先行し、日本でも以前からある技術ではあるが、ここ数年で国内のスーパーやコンビニの総菜や精肉、鮮魚分野で採用が広がりを見せている。より新鮮さを求める消費者のニーズに応えつつ、食品や流通業界で対策が急がれるフードロス削減に取り組んでいく上で、有効な包装手法の一つとして評価が定着してきている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る