電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 今別でサーモン養殖 県が試験、地元漁協と企業がタッグ

新聞記事

今別でサーモン養殖 県が試験、地元漁協と企業がタッグ

2017年11月06日

今別町で小割いけすに収容、海水馴致

 青森県今別町でサーモントラウト(海産ニジマス)の養殖が10月27日、始まった。県の養殖試験で、引き続き深浦町の海面2カ所に幼魚が入り、昨シーズンの深浦1カ所から拡大。水揚げは来年6月が見込まれ、合わせて100トンが目標。支援する日本サーモンファーム株式会社(岡村恒一代表取締役社長・深浦町)は来季から事業として本格化、当面1000トンまで伸ばしたい考えだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る