電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > スルメイカ下火 夏のピークの半分以下に

新聞記事

スルメイカ下火 夏のピークの半分以下に

2017年10月30日

木箱の荷揚げ作業(25日、稚内港)

 7、8月に好漁だった稚内漁協のスルメイカ漁は、9月以降の秋漁で下火になっている。日量は9月中旬~10月中旬に多くても6000箱、少ない日は3千箱と夏のピーク時の半分以下。同一漁場での日変動も生じ、船間格差が大きい。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る