電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 陸奥湾 ベビー、年末需要に期待

新聞記事

陸奥湾 ベビー、年末需要に期待

2017年10月23日

平内町漁協の半成貝水揚げ作業(5月)

 平成29年度の陸奥湾は史上最高水揚げの前年度より4割減の7万トンを見込む中、来年1~3月に残り5000トン強の成貝出荷を計画。全般に単価高となった今季は成貝がキロ200円台後半まで高騰、最終実績は史上2番目の180億6700万円を想定している。消流は、製品高となった主力のベビーの荷動きが例年より鈍く、年末商戦に向けた消化に期待がかかる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る