電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ボイル消流 荷動き鈍く採算割れ

新聞記事

ボイル消流 荷動き鈍く採算割れ

2017年10月23日

 大減産となった今季の噴火湾は、浜値急騰で製品高となり産地加工業者は厳しい経営を余儀なくされた。その対応策や諸外国の動向、来季の相場や水揚げ見通しを株式会社イチヤママル長谷川水産の長谷川博之社長に聞いた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る