電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城カキ 29日出荷開始

新聞記事

宮城カキ 29日出荷開始

2017年09月25日

温湯処理した2年子は早くも身入りがかなり回復し立派な粒に

 宮城県漁協はカキの品質検査を20日に石巻市の石巻総合支所共販所で実施し、今季のむき身共販開始を29日と決めた。9月中のシーズン入りは震災後初。放卵が進み、順調な身入りでスタートできると判断された。生産見込みは昨シーズン(1699トン)並みの1700トン。台風18号に伴う被害は小さく、良好な出荷が期待される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る