電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県下安家漁協で採卵再開

新聞記事

岩手県下安家漁協で採卵再開

2017年09月25日

 岩手県野田村の下安家漁協で早くも秋サケの採卵・授精が活発化した。県北部の中核的なふ化場で2年ぶりに稚魚を生産する。計画の受精卵5428万粒、稚魚4840万尾は一昨年までの15%アップとハードルが上がるが、島川良英組合長は必達を期す。定置漁業者ら周囲の期待も大きい。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る