電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 厚岸のカキ 省力機器導入 活用進む

新聞記事

厚岸のカキ 省力機器導入 活用進む

2017年09月25日

クリーナーを使ったカキの洗浄作業

 道内有数のカキ生産地・厚岸。生産の安定、効率化に向け、近年各種機器の活用で省力化が進んでいる。ホタテ原盤からカキを外す脱貝機が今年度までに養殖業者113軒のうち、半数以上の63軒に普及。カキに付着した泥などを除去する洗浄機も今年、一部漁業者が導入、作業時間短縮効果を発揮し注目を集めている。 

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る