電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 中標津地方魚菜の独自ブランド戦略

新聞記事

中標津地方魚菜の独自ブランド戦略

2017年09月04日

手のひらサイズのソウハチ干物

 中標津町地方卸売市場を管理運営する中標津地方魚菜㈱(久本眞一社長、電話0153・72・3392)は昨年再整備した新加工センターを基盤に窒素生成システムを活用した干物の商品展開に力を入れている。併せて簡便、即食など消費者ニーズを踏まえた新商品の開発も進めている。販路では国内に加え、道の輸出拡大戦略と共同歩調で、タイなどアジア圏の市場開拓にも乗り出す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る