電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > カラフトマス オ海3000トン割れの様相

新聞記事

カラフトマス オ海3000トン割れの様相

2017年08月28日

水揚げが振るわないカラフトマス(標津漁協市場)

 オホーツク海の建マス(カラフトマス)が不振だ。昨年は主産地・オホーツク管内が7年ぶりに1万トンを超えるなど久々の好漁となり、豊漁年の今季に期待がかかったが、オホーツク海全体で3000トンの低水準だった一昨年を下回るペース。秋サケの不漁予想も相まって浜値は高値キロ500円まで高騰している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る