電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 「標津漁師会」本格始動 低利用魚を加工販売

新聞記事

「標津漁師会」本格始動 低利用魚を加工販売

2017年07月31日

 標津漁協の若手漁業者でつくる「標津漁師会(浅野将太会長)」は本格的に前浜産の普及活動に乗り出している。地元の若手農業者グループとも連携し、ヌマガレイやトウベツカジカなど単価の安い低利用魚を商品化。標津町内の空き家を借りて「漁農食堂」と題した販促イベントなどを定期的に実施、販売拡大に取り組んでいる。

購読

このページのTOPへ戻る