電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道東の地場スーパー「東武」 産直基盤に提案力アップ

新聞記事

道東の地場スーパー「東武」 産直基盤に提案力アップ

2017年07月24日

イサキ、キンメダイ、クロダイなど徳島産が並ぶ生魚売り場

 道東地区に2店のスーパーを展開する株式会社東武(千葉武司社長)は、中標津町に構える大型店「東武サウスヒルズ」で、新たに洋風メニューの提案やトレーレスなど顧客の利便性を高める水産売り場づくりに注力している。根室海峡など近海産と本州5カ所の産直による生魚の「超鮮度」と「品ぞろえ」を基盤とした提案力(28年8月22日付掲載)を強化。「驚き」の訴求を視覚から食味へ深化させ、販売拡大に臨んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る