電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手ホタテ 稚貝へい死高率に

新聞記事

岩手ホタテ 稚貝へい死高率に

2017年07月17日

耳づりするホタテ稚貝への穴開け(6月、県南部)

 岩手県のホタテで昨年採苗の稚貝にへい死や変形が増加した。とくに昨秋移入の北海道産で高率となり、春からの耳づりで稚貝の不足する生産者が多くなった。このため、県が養殖する全漁協を対象に6月から調査。同県水産技術センターでは、道内での育成管理、出荷に死滅の要因がある可能性を挙げ、「地場採苗に転換する一つの機会」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る