電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 極洋の今期事業方針 食品事業や海外販売拡大

新聞記事

極洋の今期事業方針 食品事業や海外販売拡大

2017年07月17日

 大手水産会社の株式会社極洋(今井賢司社長)は11日、道内の取引先で組織する北海道極洋会(会長・武藤修丸水札幌中央水産社長)を札幌市で開き、今期の事業方針を説明した。食品事業を拡大し、水産商事と収益バランスの取れた構造の確立を推進。また、4月に本格的に動き出したニューヨーク事務所などを基盤に海外販売の拡大を図る。平成30年3月期決算は、売上高が前期比6%増の2500億円、営業利益が8%増の40億円と増収増益を見込む。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る