電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 冷凍刺身を即盛り付け、人手不足解消

新聞記事

冷凍刺身を即盛り付け、人手不足解消

2017年07月03日

凍ったまま盛り付けでき、繁忙期の商品展開をサポートする冷凍刺身商材

 札幌市の水産品・冷凍食品卸、丸一大西食品(株)(滝井義明社長、電話011・641・8180)は、特殊冷凍技術を活用した高品質の冷凍刺身商材の拡販に乗り出している。トレーなどの容器に凍ったまま盛り付けるだけで刺身盛りをつくることができる商品展開。量販店などの人手不足や廃棄ロスの課題解消などを含めて提案していく。
 グループ会社の栄興食品(有)に最新の冷凍技術「3D冷凍」のフリーザーを導入。直線的に一方向から冷気を当てるエアブラスト方式とは異なり、高湿度の冷気で食材を全方位から包み込んで短時間でむらなく冷凍。食材の表面乾燥や氷結晶の膨張など冷凍のダメージを防ぎ、同社は「解凍後のドリップがほとんどない」と強調する。

購読

このページのTOPへ戻る