電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > サンマ、LED漁灯で進化 効率や安全性が向上

新聞記事

サンマ、LED漁灯で進化 効率や安全性が向上

2017年06月19日

 サンマ棒受網船にLED漁灯が登場し12年、今では約8割のサンマ船に普及するまでになった。開発当初から実用化に取り組み、平成20年には世界で初めて全灯をLED化、漁獲でも快進撃を続けるマル井水産有限会社(長崎県雲仙市)の井上太喜副社長(33)は「最初は省エネ、高寿命の観点で導入したが、工夫次第で対象魚をコントロールし漁獲効率を高められることが分かった。また航海や操業の安全性を向上させるなど多くの恩恵をもたらしている」とLED灯を絶賛した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る