電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 三豊の商品戦略 新幹線車内用に少量規格

新聞記事

三豊の商品戦略 新幹線車内用に少量規格

2017年05月15日

車内食べ切りの少量商品

 生珍味・水産総菜メーカーの株式会社三豊(本社・東京、塩田康就社長)の函館工場(北斗市、電話0138・73・5501)は、北海道新幹線開業の商機を捉え、観光客向けの商品開発を強化している。北海道産を前面に訴求。新幹線を模したパッケージ商品に加え、車内などで手軽に食べられる少量規格の商品も打ち出し、末端消費者にアプローチしている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る