電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 岐阜のスーパー「駿河屋」アスモ店 食べる昆布 売場新提案

新聞記事

岐阜のスーパー「駿河屋」アスモ店 食べる昆布 売場新提案

2017年05月15日

ドライ担当バイヤーが企画・提案したとろろ昆布売場

 【高山=鈴木亮平】POPや担当者による商品提案で昆布販売を工夫しているスーパー「駿河屋アスモ店」(27年6月8日付掲載)は、新たに「食べる昆布」のPRに注力している。だしを取った後の昆布の活用をテーマに「捨てずに炊いてみよう」「実は超簡単」とシンプルレシピを提案する。また従業員向けのだし講座も開始、昆布の持つうま味や鰹・煮干しとの相乗効果を体感し共有。「食べる」「だし」「健康」の3つを柱に魅力発信に努めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る