電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 厚岸漁協 「弁天かき」増産へ始動

新聞記事

厚岸漁協 「弁天かき」増産へ始動

2017年04月24日

「弁天かき」の安定供給に向け本格稼働する待望の人工種苗生産施設

 厚岸漁協(川崎一好組合長)が平成23年から開発を進め、昨年11月にデビューを果たした厚岸生まれ、厚岸育ちの新たな漁業資源「弁天かき」。生産拠点となるカキ人工種苗生産施設が3月に完成し、29年度から稚貝の生産を拡大する。安定出荷体制の確立で、「カキえもん」などと並ぶ純厚岸産ブランドカキとして国内、海外市場に拡販、浸透を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る