電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手・大槌町 ドローンで密漁監視

新聞記事

岩手・大槌町 ドローンで密漁監視

2017年04月17日

2つのカメラで前方と真下を捉える「インスパイア2」

 密漁監視にドローンが活躍する日が近そうだ。産業機械メーカーの株式会社セベック(小豆嶋和洋社長・東京)は7日、岩手県の新おおつち漁協(平野榮紀組合長・大槌町)とともに同町でデモフライトを公開し、有効性をアピールした。全国初となる密漁監視システムを3カ月で完成させ、全国の漁協などに紹介、普及していく考えを明らかにした。

購読

このページのTOPへ戻る