電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県ワカメ 塩蔵入札は一段高

新聞記事

宮城県ワカメ 塩蔵入札は一段高

2017年03月27日

 宮城県産ワカメはボイル塩蔵入札で続騰、高値となっているが、収穫本格化の外洋系漁場で収量の減る可能性がでてきた。ブツ(穴開き)が増えつつあり、心配が深まっている。刈り急いでの生出荷や、すでに厳しい漁場もあるという。収穫先行の内湾漁場と同じようで、十分に成長する前の刈り採りや未収穫による生産計画(原藻換算1万3500トン)割れも懸念される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る