電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手ワカメ初入札 「予想以上」消費減退懸念も

新聞記事

岩手ワカメ初入札 「予想以上」消費減退懸念も

2017年03月20日

高値スタートとなった岩手県産ワカメのボイル塩蔵

 岩手県産ワカメの初入札が14日、大船渡市の県漁連南部支所で開催された。ボイル塩蔵は6524箱(1箱15キロ・98トン)上場、芯抜き1等の10キロ1万5500~1万4000円中心など、昨シーズン初回を1~2割上回る落札が多くなった。先行する宮城産入札から高値が予想されたがそれ以上との受け止めがある。実入り向上とともにさらに上げそうで、早くも消費が懸念され始めた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る