電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > だし、かつお節と昆布で/日昆が利用度調査

新聞記事

だし、かつお節と昆布で/日昆が利用度調査

2017年03月13日

 日本昆布協会(田村満則会長)はこのほど、全国の20~60代の既婚女性を対象に、だしと昆布についてアンケート調査を実施した。普段料理で使うだしは、かつお節が最も多く、次いで昆布とかつおの合わせだし、昆布と続いた。銘柄別では日高の浸透がうかがえる結果に。ただタイプ別は顆粒が全体の64%も占め、昆布などの素材系を大きく上回った。よく食べる昆布加工品はとろろ、塩昆布、つくだ煮の順だった。

購読

このページのTOPへ戻る