電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 厚岸漁協の直売事業 新戦略「3D冷凍」

新聞記事

厚岸漁協の直売事業 新戦略「3D冷凍」

2017年02月27日

2日間で1000万円余りを売り上げた「厚岸味覚まつり」

 厚岸漁協(川崎一好組合長)は、凍結前と変わらない品質、風味を再現する「3D冷凍」で直売事業の新展開に乗り出している。これまでの鮮魚の高鮮度流通に加えて、冷凍品でも旬のおいしさを提供。直売事業の売り上げは順調に伸長、組合経営や魚価の安定などに貢献しており、最新の冷凍技術で顧客満足度を一層高め、厚岸産の価値向上、拡販に臨んでいく。

購読

このページのTOPへ戻る