電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > マダラ商戦 水揚げ上向き相場一服

新聞記事

マダラ商戦 水揚げ上向き相場一服

2017年01月23日

水揚げが上向き市況が落ち着きだしたマダラ(19日、札幌市中央卸売市場)

 マダラ商戦が後半戦に入った。年明け早々まで出足からの薄漁高値が続いていたが、1月中旬以降、広尾や釧路で水揚げが上向き、浜値も落ち着きだした。親製品は量販店の吸い込みが今のところ順調だが、今後の消流はニシンやマガレイなど春商材の水揚げ状況が焦点。一方、白子(タチ)は飲食店の引き合いが低調なままで盛り上がりに欠けている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る