電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 根室海峡 計画量28%減1万8900トン

新聞記事

根室海峡 計画量28%減1万8900トン

2017年01月16日

今季の漁がスタートした野付漁協尾岱沼漁港の水揚げ作業

 根室海峡のけた引漁が6日、新年の操業を開始した。尾岱沼漁港水揚げ分の平成29年計画量は前年実績比28%減の1万8900トン。巽沖はじめ各漁場で減産の見通し。浜値はキロ340円程度。歩留まり低下で昨年より100円ほど弱含み。

購読

このページのTOPへ戻る