電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 細めの網地でイセ5割

新聞記事

細めの網地でイセ5割

2016年12月12日

 いぶり噴火湾漁協所属の第三十八富士喜丸(4トン)藤野政明さんは春と秋、カレイ刺網に着業する。アカガレイ中心にイセ5割の仕立て。「雑物も多くなるが魚の掛かりが良い」ため、網は細めの2.5号を使用する。
 網の構造は図の通り。1はいで25反放す。1反50間。網地はナイロンテグス2.5号で目合いは4寸5分。網の色は褐色を使っている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る