電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手の秋サケ、宮古市場で好調続く

新聞記事

岩手の秋サケ、宮古市場で好調続く

2016年12月12日

好調が続く宮古市場の秋サケ水揚げ(7日)

 岩手県宮古市場の秋サケ水揚げが伸び、続いている。11月21日の4万6千尾をピークにその後もほぼ連日1万尾超え。12月半ばに津軽石系群を主体にもうひとヤマが期待されている。価格は三陸の今季漁を見切ったように反騰、とくにメスは買い付けもあり1500~1400円中心と極めて高い。一方、県全体の今季水揚げは8千トン前後の薄漁水準がみえてきた。

購読

このページのTOPへ戻る