電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県産ホタテ、県漁協が要領改正 まひ性時も水揚げへ

新聞記事

宮城県産ホタテ、県漁協が要領改正 まひ性時も水揚げへ

2014年01月27日

まひ性貝毒期間中も水揚げできるようになる宮城県のホタテ

 宮城県漁協は「ホタテガイ取扱い及び処理加工要領」を改正し、15日、県内の生産者団体と買受人に説明した。

これまでなかったまひ性貝毒期間中の取り扱いを設け、中腸腺(ウロ)1グラム当たり150MU(マウスユニット)以下の毒量なら、県が認定する加工場での貝柱製品処理とそれに向けた水揚げを可能にした。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2014年01月27日付)

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る